准看護師のステップアップ資格にはどんなものがあるの?

准看護師からのステップアップとして、もっとも多いパターンといえばやはり「看護師へのステップアップ」でしょう。
准看護師から看護師にステップアップするためのコースとしてもっとも代表的なのは、「准看護師として3年以上働き、その後2年制の「看護専修学校」で学ぶ、というもの。
このコースは、准看護師から看護師へのステップアップとしては最短コースですが、「准看護師としてブランクなく働きながら看護師資格をとる」というのには、ちょっと時間的にもキツい部分があるかもしれません。
そして看護師にステップアップできたあとは、「助産師学校に1年通って助産師にステップアップ」「保健師学校に1年通って保健師にステップアップ」など、さらに活躍の場を広げることも可能です。